私たち(株)ニッショウでは、お客様が置かれている環境や希望を踏まえ、適切な福祉用具の選定、レンタルや販売を行っております。また、高齢者の皆様が、介護が必要になっても、住み慣れた環境で尊厳と自立された生活を送ることができるように、住まい空間の快適さを追求するリフォーム等、より質の高いサービスをご提供します。
介護レンタルサービスでは、必要なものを必要なときに、必要な時間だけレンタルできます。
豊富な品揃えで敏速に安心にサービスをご提供します。

◆新事業への取り組み◆
当社が独自に開発した【WESシステム】が各メディアに取り上げられました。
◇2019年8月19日・・・長崎国際放送「ニュースevery 長崎版」より取材。
◇2019年9月4日・・・長崎県庁にて「産・学・官連携」によるシステム開発について記者会見
◇記者会見報道 ・・・ 2019年9月4日:NHK
◇記者会見報道 ・・・ 2019年9月4日 長崎文化放送(NCC)
◇記者会見報道 ・・・2019年9月5日:長崎国際放送(NIB)
◇記者会見記事掲載・・・2019年9月5日:長崎新聞
◇記者会見記事掲載・・・2019年9月13日:西日本新聞

パラマウントベット 楽匠(らくしょう)Sシリーズ 100幅ワイド

介護をする上で介護ベッドは大変重要な介護用品の一つです。たとえば「ベッド幅」 寝返りを自力もしくは一部介護補助で行う場合、「ベッド幅」が人の動きに大きく影響します。高齢者が寝返りあるいは起き上がりをする場合、マットレスの端やベッド柵を腕で引っ張るためには、ある程度肘が伸びている状態からでないとうまく引けません。つまり、ベッド幅が狭いと肘は曲がったままになり、本当は動ける人も動けなくなる場合もあるのです。そこでお奨めの「ワイドベッド」は、ゆとりのある寝返り、ベッドからの転倒防止、またベッド上での介助スペースにも余裕ができ、従来の狭いベッドで身体をベッドの中心にずらすような介助の際の「床ずれ」リスクの軽減にも繋がります。ご利用者にとっても介護者にとっても動きやすい環境づくりは、離床を促す大切なポイントです。